毎日の一粒のチョコレートと週末のスイーツ食べ放題。どちらが太りにくいと思いますか?

Pocket

Global-Conditioning代表

理学療法士、アスレティックトレーナー、調理師の樋口敦です。

自己紹介はこちらから。

結論から言いますと週末のスイーツ食べ放題の方が太りにくいです。

これはインスリンの分泌も関係しています。

食事をするとインスリンが分泌されます。

特に糖質を摂るとたくさんインスリンが分泌されます。

砂糖はインスリンを更にたくさん分泌させます。

一般的なチョコレートはカカオより砂糖の割合が多いです。

高GI食品ですね。

 

私たちが食事をすると、次のような流れでインスリンが働きます。

食事をする

血糖値が高くなる

インシュリンが分泌され、各細胞にエネルギー源として糖を送り込む

細胞に糖が行き渡ってもまだ糖が残っている場合、インシュリンが残った糖を「脂肪細胞」に送り込む

脂肪が溜まり肥満となる

こんな感じでプクプク太っていきます。

 

毎日コツコツとインスリンを分泌させてると脂肪が付きやすい身体になるんですよね。

それよりは週末の1日だけ沢山好きなスィーツを食べる方が脂肪はつきにくいと言う事です。

 

インスリンに関してはもう1つ。

インスリンは成長ホルモンの分泌を抑制します。

成長ホルモンはみなさんご存知の通り、身体を若返らせる唯一のホルモンです。

夜の10時から2時までがゴールデンタイムと言われていますよね。

歳を重ねる事に分泌が少なくなるホルモンです。

ただでさえ少なくなるホルモンを、インスリンを沢山分泌させて減らしたくないですよね?

 

 

今日のポイントをまとめると、

スィーツは週に1日沢山食べる日を作った方が太りにくい

成長ホルモンの分泌を抑制させない為に夜の糖質はなるべく控える

この2つです。

参考にしてみて下さい。

 

知らないと損する食事の話(ダイエット編)の開催依頼を頂いてます。

決定したらこのブログでも発表しますね。

 

SNSでの交流大歓迎です。

Facebookは仕事への思いを中心に日々の出来事を。

twitterは日常のつぶやき、興味のある事を中心に。

Instagramは大好きなサッカー、海やサーフィン、トレーニングの写真を中心に。

Pocket

The following two tabs change content below.
樋口 敦

樋口 敦

大学卒業後、千葉県、神奈川県のスポーツ整形外科に勤務。医学知識を生かしドクターとコミュニケーションをとりながら、スポーツ選手を中心に20000人以上のリハビリを担当。スポーツクラブとも提携し、体調管理、健康増進、ダイエットに対するアドバイスを行う。 2011年、Jリーグファジアーノ岡山FC専属理学療法士に就任。プロサッカー選手のリハビリ、コンディショニング、トレーニングを担当。 現在東京、岡山、広島を中心に、アスリートに関わった経験、知識を軸に、Jリーガー.プロサーファー、著名人を中心に永く、美しく、健康に生きる為の手段を広めている。

シェアしてくれたら嬉しいな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加