植物性タンパク質と動物性タンパク質ってどう違うのか??

Pocket

Global-Conditioningの樋口敦です。

自己紹介はこちらから。

最近よくこの話題になります。僕はタンパク質量が取れていればどちらでも問題ないと思います。

ただ現代人は圧倒的にタンパク質が不足しています。

一日に必要なタンパク質量はここでチェックしてください。

 

動物性タンパク質は必須アミノ酸が豊富に入っており、人間の体で作れないので助かります。アミノ酸スコアが高い食品ですね!!

植物性タンパク質の方が脂質は少ないです。

僕は脂質はあまり気にしないので、動物性タンパク質を積極的に摂るようにしています。必須アミノ酸重視です。

 

ハム、ソーセージ、ベーコンなどの加工品は脂質が多いのでおすすめしません。

 

お勧めの食材は卵です。やっぱりゆで卵。あとは納豆、豆腐。

 

動物性をゆで卵から、植物性を納豆、豆腐から摂るようにようにしています。

 

それでも足りないようならプロテインを追加しています。

 

まずは食べ物から良質なタンパク質を摂取が良いと思っています。

 

忙しいビジネスマンの方でお昼は

蕎麦と天丼、ラーメンとチャーハンという方もかなり多いと思います。

そんな時に肉蕎麦にしたり、トッピングで味玉2個追加したり、チャーシュー追加したりと、工夫次第でタンパク質を摂取できるとおもいます。

コンビニでカップラーメンだけじゃなく、ゆで卵やサラダチキンを追加するだけで全然違いますね。

参考にしていただけると嬉しいです。

 

SNSでの交流大歓迎です。

Facebookは仕事への思いを中心に日々の出来事を。

twitterは日常のつぶやき、興味のある事を中心に。

Instagramは大好きなサッカー、海やサーフィン、トレーニングの写真を中心に。

Pocket

The following two tabs change content below.
樋口 敦

樋口 敦

大学卒業後、千葉県、神奈川県のスポーツ整形外科に勤務。医学知識を生かしドクターとコミュニケーションをとりながら、スポーツ選手を中心に20000人以上のリハビリを担当。スポーツクラブとも提携し、体調管理、健康増進、ダイエットに対するアドバイスを行う。 2011年、Jリーグファジアーノ岡山FC専属理学療法士に就任。プロサッカー選手のリハビリ、コンディショニング、トレーニングを担当。 現在東京、岡山、広島を中心に、アスリートに関わった経験、知識を軸に、Jリーガー.プロサーファー、著名人を中心に永く、美しく、健康に生きる為の手段を広めている。

シェアしてくれたら嬉しいな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加