マッサージは無駄遣い、運動は貯金。たぶん本質。

Pocket

こんにちは。Global-Conditioningの樋口敦です。

自己紹介はこちらから。

極端なタイトルですいません。

運動で身体の痛み、不調を無くすのがテーマなもので。

先日セミナーに参加しました。

フロリダ族やエクスマではないですよ。

IMG_5577

本業のセミナーです。

 

簡単におさらいしますね。

講師は近藤拓人さん

アメリカでアスレティックトレーナーの資格を取られた熱血漢です。しかもイケメン。女性からも、男性からも(笑)大人気です。

DNS.PRIのコンセプトをベースにオリジナルなアプローチを展開されています。

身体の痛みや、不調は関節が硬くなったり(歳をとると身体が硬くなりますよね)普段の悪い動きのパターンで起こってきます。

 

動きの制限(身体が硬くなる理由)は3つの要素からなります。

筋の張力

骨格のポジション

空気圧

FullSizeRender (1)

これらを改善する事で、動きの制限がなくなり、快適な身体になります。

 

ここでは、最近注目している空気圧について。

空気圧は呼吸する事で変化します。なので正しい呼吸をする事で空気圧を適正化します。

呼吸を改善する為には2つの要素があります。

生理学的アプローチ

機能的アプローチ

この2つを駆使して呼吸を変えていくわけです。

例えばこんな感じです。

IMG_5614

呼吸が正しくなれば、アスリートの持久力も上がるし、お腹周りの筋肉をかなり使うのでくびれもできます。くびれ欲しい方にもオススメです。肋骨の動きも柔らかくなるので、身体も捻れるようになりゴルフの飛距離も上がります。

空気圧(良い呼吸)→骨格のリポジション→ストレッチや筋トレって流れですかね。

 

マッサージは気持ち良いですが、すぐ戻っちゃいますよね。

運動は積み重ねですが、コツコツ頑張れば身体は必ずかわります。

動きは裏切らない!

風船やチューブでどこでもできますしね。

 

Pocket

The following two tabs change content below.
樋口 敦

樋口 敦

大学卒業後、千葉県、神奈川県のスポーツ整形外科に勤務。医学知識を生かしドクターとコミュニケーションをとりながら、スポーツ選手を中心に20000人以上のリハビリを担当。スポーツクラブとも提携し、体調管理、健康増進、ダイエットに対するアドバイスを行う。 2011年、Jリーグファジアーノ岡山FC専属理学療法士に就任。プロサッカー選手のリハビリ、コンディショニング、トレーニングを担当。 現在東京、岡山、広島を中心に、アスリートに関わった経験、知識を軸に、Jリーガー.プロサーファー、著名人を中心に永く、美しく、健康に生きる為の手段を広めている。

シェアしてくれたら嬉しいな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加