腹筋運動って必要?皆さん一度はやったことある腹筋運動のことです。

Pocket

こんにちは。Global-Conditioningの樋口敦です。

自己紹介はこちらから。

タイトルの答えですが!!

必要なーし!ナッシングーーーー!!

ですね。

先ほどあるJリーガー(顔濃いめ)との話でも話題になりました。とりあえず腹筋させられた記憶も皆さんあると思います。ここではパフォーマンスを上げたいアスリートには必要ないとういことです。ベストボディを目指す方にとっては必要ありますからね。

imgres-3

必要ない理由:①腰椎の動きが大きくなりする、②腰に負担がかかる(腰痛発症)

腰椎の役割は支持性がメインです(ちなみに胸椎は可動性がメイン:joint by joint concept)。支持性がメインの腰椎が腹筋運動を繰り返すと相対的に(胸椎に対して)可動性が大きくなり腰に負担がかかり、腰痛(ヘルニア、分離症、筋筋膜性)になりやすくなる。また腰椎の可動性が大きくなると、連結している股関節の動きが小さくなります。

imgres

股関節は動きの力源、パワーの源ですよね。可動性があり、なおかつ力が発揮できる股関節が最高です。

腰椎の可動性が大きいと、股関節が硬くなります。これは避けなければなりません。

腹筋に変わる運動は?となりますよね。ぼくは腹筋運動で腹筋を鍛える必要はないと思っています。腹筋はゆるゆるが一番です。硬めてはダメです!!体幹屈筋群の腹直筋は最後の押し出すところで力が発揮できれば良いです。へそで押し出す感じです。

体幹の支持性を向上させるには腰椎を動かさずに「Bracing(ブレーシング)」を行い、腹横筋、外腹斜筋、内腹斜筋、多裂筋に力をいれて安定させて下さい。簡単に説明するとお腹全体に力をいれる事です。決して「ドローイン」はしないで下さい。

images-4

股関節と胸椎を可動域一杯に上手く使う為には腰椎をブレーシングで固定する必要があります。

ご参考にしてください。

ヒグアツ。

Pocket

The following two tabs change content below.
樋口 敦

樋口 敦

大学卒業後、千葉県、神奈川県のスポーツ整形外科に勤務。医学知識を生かしドクターとコミュニケーションをとりながら、スポーツ選手を中心に20000人以上のリハビリを担当。スポーツクラブとも提携し、体調管理、健康増進、ダイエットに対するアドバイスを行う。 2011年、Jリーグファジアーノ岡山FC専属理学療法士に就任。プロサッカー選手のリハビリ、コンディショニング、トレーニングを担当。 現在東京、岡山、広島を中心に、アスリートに関わった経験、知識を軸に、Jリーガー.プロサーファー、著名人を中心に永く、美しく、健康に生きる為の手段を広めている。

シェアしてくれたら嬉しいな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加