肩痛・上肢痛に対するトリガーポイント

Pocket

こんにちは。Global-Conditioningの樋口敦です。

自己紹介はこちらから。

肩痛・上肢痛に対するトリガーポイントを開催していただきました。講師はOPA代表波田野さんです。

OPAについてはこちら

首から肩、腕にかけての痺れ、痛みで困っている方多いですよね。整形外科を受診し頚椎ヘルニアだねと言われても、頚椎ヘルニアが原因による痛み、痺れは15%ほどと言われています。じゃあ残りの85%は何なんだと思うじゃないですか?その原因の一つがトリガーポイントです(筋肉のコリ)

imgresKJ北青山鍼灸院より

肩の筋肉の硬さが、腕や手に頚椎ヘルニアと似たような症状を発生させます。特に棘下筋は上肢全体に症状を発生させるキーマッスルです。

トリガーポイント療法は筋肉のコリを見つけて押すだけです(少しはコツがいるけどね)

腕や手の痺れで困っていて、色々な治療院・病院に通ったが原因がわからないといわれた患者さんがトリガーポイントアプローチで症状が無くなった事も多くあるそうです。

当日の内容としては

斜角筋

棘下筋

鎖骨下筋

棘上筋

三角筋

小胸筋

広背筋

他にも前腕の筋肉もほぼ網羅しましたよ。

SCAN IMAGE

SCAN IMAGE

イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用

トリガーポイントにかける圧は練習が必要ですが、慣れればだれでもできるようになりますよ。

これからバンバンじゃんじゃんクライアントさんに還元していきますよ。

目指せトリガーポイントマスター。

ヒグアツ。

Pocket

The following two tabs change content below.
樋口 敦

樋口 敦

大学卒業後、千葉県、神奈川県のスポーツ整形外科に勤務。医学知識を生かしドクターとコミュニケーションをとりながら、スポーツ選手を中心に20000人以上のリハビリを担当。スポーツクラブとも提携し、体調管理、健康増進、ダイエットに対するアドバイスを行う。 2011年、Jリーグファジアーノ岡山FC専属理学療法士に就任。プロサッカー選手のリハビリ、コンディショニング、トレーニングを担当。 現在東京、岡山、広島を中心に、アスリートに関わった経験、知識を軸に、Jリーガー.プロサーファー、著名人を中心に永く、美しく、健康に生きる為の手段を広めている。

シェアしてくれたら嬉しいな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加