パーソナルトレーニング料金は経費になるの??

Pocket

こんにちは。Global-Conditioningの樋口敦です。

自己紹介はこちらから。

最近良く質問される事がありちょっと調べてみました。どんな内容かと言いますと「トレーニング料金は経費で落とせるの?」です。

imgres

結論から言いますと、ケースバイケースです!!!!

例えばこちらの記事

フリーランス、個人事業主本人は対象に含まれない。事務所、屋号契約なら大丈夫。法人契約では役員や従業員が自由に使える体制なら大丈夫。スポーツクラブ利用規約を作ること。後は裏技としてトレーニングジムでの人脈作りとして交際費などにもできるようです。

プロスポーツ選手・芸能人・作家等の方はこちらの記事を!!

身体が資本の職業なので、トレーナー契約費、トレーナー器具代、トレーニング施設費などがすべて対象ですね。

あくまでもご参考までに。

でわ!

Pocket

The following two tabs change content below.
樋口 敦

樋口 敦

大学卒業後、千葉県、神奈川県のスポーツ整形外科に勤務。医学知識を生かしドクターとコミュニケーションをとりながら、スポーツ選手を中心に20000人以上のリハビリを担当。スポーツクラブとも提携し、体調管理、健康増進、ダイエットに対するアドバイスを行う。 2011年、Jリーグファジアーノ岡山FC専属理学療法士に就任。プロサッカー選手のリハビリ、コンディショニング、トレーニングを担当。 現在東京、岡山、広島を中心に、アスリートに関わった経験、知識を軸に、Jリーガー.プロサーファー、著名人を中心に永く、美しく、健康に生きる為の手段を広めている。

シェアしてくれたら嬉しいな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加