自己紹介③横浜から今

Pocket

こんにちは。Global-Conditioningの樋口敦です。

横浜から故郷岡山に帰った理由とわ!

横浜では横浜つづき整形外科にお世話になりました。川崎フロンターレユースのチームドクターをしていたり、日本一有名なトレーナーカンパニー®️-bodyと提携をしていたりと、刺激的な病院でした。®️-bodyのメンバーには今でもお世話頂いております。いつもありがとうございます。

imgres

都筑区は子育てにとても便利な街で、広い公園はあるし、みなとみらいも近いしとても居心地良く暮らしていました。そこに突然1本の電話が!なんと故郷のJリーグチームがスポーツ分野が得意な理学療法士を探していると。しかも1度会いたいと言ってくれている。いやーびっくりしましたね。今でも覚えてますよ。スポーツジムのロッカーで受けた電話を!!!

そんなこんなで横浜9ヶ月で岡山に帰るわけですね。岡山を出たときはもう住むことは無いんだろうなと思ってましたが、人生何があるからわかりませんね。

images-1

ファジアーノ岡山には2年間在籍しました。色々な経験をさせて頂きましたし、思うことも色々ありました。1番感じた事は「俺ってまだまだだな。今の技術じゃ通用しないわ!」って事ですかね。

IMG_0272

ファジアーノ岡山時代の事はまた詳しく書きますね。今も交流ある選手は沢山いますし、コンディショニングを担当している選手もいます。チームを離れた後も頼りにしてくれることはとても嬉しいですね。

IMG_0853

写真:プロフェッショナルを叩き込んでくれた方。

その後は母校の教員をさせて頂きながら、初心に帰って勉強する為に大学院に行きました。

その後は色々な出会いがあったり、思いが湧き上がってきたりで、とうとう独立してしまうということです。

そして今って感じです。

ざっと書きましたがこんな感じです。

今後は毎日1記事目指してがんばります。

でわ☆

Pocket

The following two tabs change content below.
樋口 敦

樋口 敦

大学卒業後、千葉県、神奈川県のスポーツ整形外科に勤務。医学知識を生かしドクターとコミュニケーションをとりながら、スポーツ選手を中心に20000人以上のリハビリを担当。スポーツクラブとも提携し、体調管理、健康増進、ダイエットに対するアドバイスを行う。 2011年、Jリーグファジアーノ岡山FC専属理学療法士に就任。プロサッカー選手のリハビリ、コンディショニング、トレーニングを担当。 現在東京、岡山、広島を中心に、アスリートに関わった経験、知識を軸に、Jリーガー.プロサーファー、著名人を中心に永く、美しく、健康に生きる為の手段を広めている。

シェアしてくれたら嬉しいな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加